御玉霊心会 特集ページ
アルバムが与えた多大なる影響 BY 八右衛門
危機 
Close to the Edge 1972
イエスの一大トータルアルバム。ここにイエスワールド完成と言う感じです。実に見事な作品で、全3曲のロック組曲。クラシックロックファンタジー。イエスのもう一つの魅力はロジャー・ディーンのジャケットデザインです。それを揃えたいがために全アルバムを集めました。
クリムゾンキングの宮殿 
In the Court of the Crimsonking 1969
ビートルズのアビーロードをヒットチャートの1位から引きずりおろした歴史的名盤。あのインパクトの強いジャケットでも有名ですが、中身の方もかなりのインパクト。静と動の対比が素晴らしいクリムゾン独特の世界。「エピタフ」や「風に語りて」など名曲揃いです。
狂気 
the Dark Side of the Moon 1973
ロック史に残る名盤中の名盤。デイブ・ギルモアの泣きのギターに、ロジャー・ウオーターズのソフトなヴォーカルと曲の構成力は引きずり込まれる魔力があります。抜群の完成度。プログレロックの究極の逸品。「タイム」は、「御玉霊心会のテーマ」として復活!
レッド・ツェッペリン4 
Led Zeppelin4 1971
セカンドと並ぶ名盤ですが、天国への階段、ブラックドッグ、ロックンロールとレッド・ツェッペリンの代表曲が勢ぞろい。レッドツェッペリンを語るにはこのアルバムなしでは語れません。ロバート・プラントのヴォーカルも凄いですが、ジミー・ペイジのギターは本当に抜群のセンスを感じます。
マシン・ヘッド 
Machine Head 1972
ロック史に残る金字塔アルバム。ハードロックといえばこのアルバムのことです。言わずと知れた名曲「Highway Star」、「Smoke On The Water」等を収録。スイスのモントルーのホテルの廊下でレコーディングされました。
悪魔と魔法使い(ユーライア・ヒープ)
Demons Wizards 1972
ツェッペリンやディープ・パープルの影に隠れがちですが、プログレッシブロック色が強い独自の世界を持ったグループ。特にこのアルバムは素晴らしく今でも無性に聴きたくなります。名盤中の名盤。ジャケットデザインはあのロジャー・ディーン。
ウイッシュボーンアッシュライブ 
Live Dates 1974
ツインリードギターを全面に押し出したサウンドは、聴きごたえ充分。ロックンロールあり、ブルースあり、幻想的な曲もありで、大好きなライブ盤の1枚です。お友達の「ワイルドアンズ」さんがカバーしてます。
ベスト・オブ・ドゥービーズ 
The Best of The Doobies 1976

ドゥービーも初期と後期でサウンドががらっと変わりますが、これは前期の集大成で軽快なロックンロールの名曲がずらりと並ぶベストオブベスト。入門者必聴盤。「ロングトレインランニン」はやっぱりこうじゃなきゃ。
ホテル・カリフォルニア 
Hotel California 1976
ロック史に残る名盤中の名盤。イーグルスといえば「ホテカリ」と言われるほど有名になった同名の曲は、いまや女子供を含む素人でも知っていて、ロック歌謡曲というカテゴリーにすべき。
幻想飛行 
Boston 1976
ボストンの衝撃的デビュー作。当時はまさに新たなアメリカンロックの幕開けと言う感じでした。アメリカンプログレッシブポップロックとでも言いますか、アメリカンロックの傑作中の傑作でしょう。ギターサウンドに酔いしれてください。
ハイドラ 
Hydra 1979
トトのセカンドアルバムで最高傑作。デビュー作に続く名盤です。80年代ロックの足音が聞こえてきます。ライヴでのトトは、スティーブ・ルカサー(ギター&ヴォーカル)バンドという感じでした。